生活環境と健康に関連するcolumnです。

生活環境と健康(環境とは) (2019.11.22)

環境とは

 

環境とは、主体を取り巻く周囲の様子やワールドワイドであり、主体を人間とするならば、その環境は人間の周囲にあるすべてである。

しかも、主体である人間と環境は、独立して影響しているのではなく、相互に作用を及ぼし合っている。

 

私たち人間は、太陽系の地球という惑星に生ているため、地球の環境の移り変わりが、私たちにとっては、自分の手の届く範囲に環境である地域・家庭・学校・職場の環境にも影響を及ぼす事になる。

 

反対に、私たちの行動・暮らし・経済などの移り変わりから住んでいる惑星である地球や世の中からみた日本、日本の中の都道府県・市町村といった地域の環境にも影響を及ぼす事にもなり、地球全部を含んだ大きな環境の部分として各々が働きしている。

 

人間を取り巻く環境をは、複数の環境要因によって成り立っている。

 

環境は、大きく「自然環境」「人為的環境」に分類できる。

 


<自然環境>

・物理的要因

気候、温度、湿度、気流、気圧、熱、放射線、音、振動 など

→人間が自然から得てきたものである。

 

・化学的要因

酸素、二酸化炭素、窒素、金属、化学物質、有機溶剤、農薬 など

→人間の暮らしや産業活動により生じた環境汚染のきっかけとなる害悪物質も含まれる

 

・生物学的要因

動物、植物、細菌、ウイルスなど

 

 

<人為的環境>

・社会的要因

 行政、産業、医療、文化、社会状況、社会制度、生活習慣 など

→人間がつくり出したものである。


 

 

上記に伴い、地球環境や地域環境は物理的要因・化学的要因・生物学的要因などの自然的要件からの影響を受ける「自然環境」に分類されるが、家庭環境や学校環境、職場環境においては社会的要因などの影響を受ける「人為的環境」に分類される。

 

しかし、家庭・学校・職場においても普段の生活の場が、地球環境しかり地域環境であり、地球環境や地域関境が人為的行為からの影響も受けているため、環境という言語がいかに抽象的であるかが分かる。

当社の事業内容