健康経営に関連するcolumnです。

働き方改革の3つの柱&19の対応策 (2019.12.02)

働き方改革の3つの柱&19の対応策

 

働き方改革には以下3つの柱があります。

【処遇の改善(賃金など) 】

【制約の克服(時間・場所など) 】

【キャリアの構築】

 

賃金などの改善を目指し、また働く場所や時間を雇用者側が選択できることと、キャリアを構築することで働きがいを持てることが求められています。

 

働き方改革を推進する法律はどんどん整備・推進しており、「働き方改革関連法」は労働基準法・労働安全衛生法など8つの法律が関係しています。

 

また、以下19の対応策があります。


① 同一労働同一賃金の実効性を確保する法制度とガイドラインの整備

② 非正規雇用労働者の正社員化などキャリアアップの推進

③ 企業への賃上げの働きかけや取引条件改善・生産性向上支援など賃上げしやすい環境の整備

④ 法改正による時間外労働の上限規制の導入

⑤ 勤務間インターバル制度導入に向けた環境整備

⑥ 健康で働きやすい職場環境の整備

⑦ 雇用型テレワークのガイドライン刷新と導入支援

⑧ 非雇用型テレワークのガイドライン刷新と働き手への支援

⑨ 副業・兼業の推進に向けたガイドライン策定やモデル就業規則改定などの環境整備

⑩ 治療と仕事の両立に向けたトライアングル型支援などの推進

⑪ 子育て・介護と仕事の両立支援策の充実・活用促進

⑫ 障害者等の能力を活かした就労支援の推進

⑬ 外国人材受入れの環境整備

⑭ 女性のリカレント教育など個人の学び直しへの支援や職業訓練などの充実

⑮ パートタイム女性が就業調整を意識しない環境整備や正社員女性の復職など多様な女性活躍の推進

⑯ 就職氷河期世代や若者の活躍に向けた支援・環境整備の推進」

⑰ 中途採用の拡大に向けた指針策定・受入れ企業支援と職業能力・職場情報の見える化

⑱ 給付型奨学金の創設など誰にでもチャンスのある教育環境の整備

⑲ 継続雇用延長・定年延長の支援と高齢者のマッチング支援


 

(働き方改革実行計画よりhttp://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20170328/02.pdf)

当社の事業内容